永代供養を知るために

永代供養を知るために

こちらのサイトでは、永代供養のことについて取り扱っています。
例えば、後々に負担がかかるのかどうか、なぜ永代供養が増えているのかなどについて解説をしています。
これまでお墓のことについて考えたことがない人であっても、いずれはなくなりお墓に入ることになります。
そのため事前に知識を入れておくことは重要ですが、こちらのサイトではその情報を手に入れることができます。
ぜひ、チェックしておくことをおすすめします。

永代供養の後々にかかる負担とは?

永代供養の後々にかかる負担とは? 永代供養は、共同墓地などに他の人と合祀されて、そこで供養を永代にわたって受けられるものです。
永代供養は、一度費用をしはらえば、あとで費用を負担しなければならないということは有りません。
つまり、たとえ承継者がいたとしても、その人たちが管理料を負担することはないわけです。
永代使用料の場合は、一度だけ払えばよいですが、別途管理料がかかります。
また、承継者がいない場合や、いても遠方に住んでいる場合には無縁仏となってしまいます。
その点、永代供養であれば無縁仏とは有りませんし、遠方に親族が住んでいる場合でも、管理の負担を軽くすることができます。
そのため、後継者がいない場合だけではなく、遠方に住んでいるという場合にも選ばれます。

継承の心配がいらない「永代供養」の安心さ

継承の心配がいらない「永代供養」の安心さ 永代供養には様々なメリットがありますが、継承の心配がいらないという安心さも永代供養のメリットです。
通常のお墓を利用すると寺院側はお墓の管理はしないので、自分達で暮石だけでなく納骨した遺骨の管理まで、全てを管理しなければならないです。
その点ではお墓を建立した当事者だけでなく、当事者の子孫もかなりの負担を考えておかなければいけないです。
しかし永代供養を利用すると通常のお墓とは違い、日常的な遺骨の管理や墓跡の管理は全て寺院側が管理を行うので、その分利用する遺族は通常のお墓を利用する時と比べるとかなり楽に済みます。
通常のお墓の場合、管理する人が交代したら寺院に交代した事実を伝えないといけない場合がありますが、永代供養の場合には寺院側が管理するので、基本的には寺院側への報告は必要ないです。
こちらのサービスを終了する際には寺院側から終了する場合と、自分達から終了する場合があります。
寺院側から終了する場合には寺院の化儀に沿った形で合葬するので、安心して供養する事が可能です。
自分達から終了する場合には遺骨などの移動が必要になりますが、法律的な手続きなどは寺院側が状況に応じて適切なアドバイスを行うので安心です。

おすすめサイト

一般財団法人全国福利厚生共済会 新卒採用に関する求人・転職情報 | マイナビ転職 >

新着情報

◎2018/2/20

永代供養のリスク
の情報を更新しました。

◎2017/11/20

永代供養にかかる費用とは?
の情報を更新しました。

◎2017/8/1

永代供養を求める人の特徴
の情報を更新しました。

◎2017/7/31

サイトを公開しました